日本、南アに敗れ4強ならず ラグビーW杯、快進撃止まる

日本、南アに敗れ4強ならず ラグビーW杯、快進撃止まる

 ラグビーのワールドカップ(W杯)日本大会で世界ランキング6位の日本が20日、東京都調布市の味の素スタジアムで行われた準々決勝で、優勝2回を誇る同4位の南アフリカに3―26と完敗し、初のベスト4入りはならなかった。快進撃は止まり、過去最高の8強で自国開催の大会を終えた。

 日本は前回2015年大会3位の南アフリカと前半3―5の接戦を演じたが、後半に相手の力強い攻撃を受けて引き離された。

 1987年第1回大会から9大会連続出場の日本は1次リーグA組を4戦全勝でトップ通過し、初めて決勝トーナメントに進んだ。(世界ランキングは19日付)


関連記事

共同通信の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る