プロ野球、沢村賞は該当者なし 完投数など基準満たさず

プロ野球、沢村賞は該当者なし 完投数など基準満たさず

 プロ野球草創期の名投手、故沢村栄治氏を記念し、シーズンで最も活躍した先発投手を表彰する「沢村賞」の選考委員会が21日、東京都内で開かれ、2000年以来19年ぶりに該当者なしと決まった。堀内恒夫選考委員長は「賞のレベルを落としたくない」と理由を述べた。

 5人の選考委員による議論では、セ、パ両リーグでそれぞれ最多勝に輝いた巨人の山口俊投手と日本ハムの有原航平投手が有力候補に挙げられたが、完投数や投球回数の少なさがネックとなり受賞には至らなかった。

 沢村賞の選考基準は15勝、150奪三振、10完投、防御率2.50、200投球回、25試合登板、勝率6割の7項目。


関連記事

共同通信の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る