ウェールズ代表監督が会見 「できる限りのプレーした」

ウェールズ代表監督が会見 「できる限りのプレーした」

 ラグビーのワールドカップ(W杯)日本大会で4強入りしたウェールズのガットランド監督が、準々決勝のフランス戦から一夜明けた21日、東京都内で記者会見し、退場者を出した相手を終盤に逆転した内容を「パフォーマンスには少しがっかりしたが、できる限りのプレーをした」と振り返った。

 準決勝(27日・日産スタジアム)で日本を下した南アフリカと対戦する。W杯優勝2度の強豪について「ラインアウトやスクラムが強力。キックもうまい」と話し、日本を苦しめた大型FWや、巧みなキックで試合をコントロールしたSHデクラークを警戒した。


関連記事

共同通信の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る