テニス、錦織が負傷の右肘手術へ 残りシーズン休養で終了

テニス、錦織が負傷の右肘手術へ 残りシーズン休養で終了

 男子テニスの錦織圭(日清食品)のマネジメント会社は21日、負傷していた右肘の手術を22日に受けると発表した。今季は残りの大会に出場せず、休養してシーズンを終了する。5〜6月の全仏オープン後から右肘に腫れがあって水がたまり、今夏の全米オープンで3回戦敗退後はツアー大会に出場していない。

 錦織は9月の時点で医師から4週間ほどラケットを振れないと診断を受け、リハビリに努めていた。当初は10月下旬の欧州のツアー大会で復帰する予定だったが回復が遅れ、日本テニス協会が21日に発表した国別対抗戦デビス杯(11月18〜24日・マドリード)の代表メンバーからも外れた。


関連記事

共同通信の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る