レスリング五輪代表の渡利引退へ 悪性リンパ腫闘病から復帰

レスリング五輪代表の渡利引退へ 悪性リンパ腫闘病から復帰

 レスリング女子の2016年リオデジャネイロ五輪75キロ級代表で悪性リンパ腫(血液のがん)からの復帰を果たした渡利璃穏(28)=アイシンAW=が現役を引退する意向であることが12日、関係者の話で分かった。

 渡利はリオ五輪後に悪性リンパ腫が判明。闘病して復帰戦となった昨年6月の全日本選抜選手権で68キロ級の頂点に立ち、世界選手権代表となった。東京五輪出場も目指していたが、調整に苦しんでいたという。

 島根県出身の渡利は愛知・至学館高、至学館大を経て、14年仁川アジア大会63キロ級で金メダルに輝いた。階級を75キロ級に上げ、リオ五輪の代表切符をつかんだ。


関連記事

共同通信の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る