五輪競歩も大通公園で調整 札幌開催、マラソンと同一発着点

 札幌開催が決まった2020年東京五輪のマラソン、競歩の発着点は、いずれも市中心部の大通公園とする案で最終調整されていることが15日、関係者への取材で分かった。発着点を同一として、運営や放送の設備などの効率化を図る方向だ。大会組織委員会は12月4日の国際オリンピック委員会(IOC)理事会の審議で、発着点の承認を目指している。

 コース案は18日の組織委、札幌市、北海道による実務者会議で示される見通し。マラソンは毎年夏の北海道マラソンのコースから一部を削り、北海道大キャンパスなど市中心部を巡る周回コースを2周する案が有力。


関連記事

共同通信の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る