野球神宮大会、高校は中京が4強 健大高崎も

野球神宮大会、高校は中京が4強 健大高崎も

 明治神宮野球大会第3日は17日、神宮球場で準々決勝が行われ、高校は中京大中京(東海)と高崎健康福祉大高崎(関東)、大学は慶大(東京六大学)と城西国際大(関東1)がベスト4に進んだ。

 中京大中京は小刻みに加点し、明徳義塾(四国)に8―0で七回コールドゲーム勝ち。高崎健康福祉大高崎は延長十回タイブレークの末、明豊(九州)に5―4でサヨナラ勝ちした。

 慶大は一回に6点を奪うなど打線がつながり、東海大札幌(北海道)を9―0の七回コールドゲームで退けた。初出場の城西国際大は広島経大(中国・四国)の反撃をしのぎ、5―3で下した。


関連記事

共同通信の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る