日本シリーズJTカップ最終日(8日・東京よみうりCC=7023ヤード、パー70)今季最終戦。67で回って通算7アンダー、273で3位となった今平周吾が今季獲得賞金を1億6804万9312円として昨年に続き賞金王に輝いた。連続での賞金王は2004〜06年の片山晋呉以来5人目で、27歳は最年少。1994年から5年連続の尾崎将司が過去最長。

 7バーディー、3ボギーの66で回った石川遼が通算8アンダーで並んだブラッド・ケネディとのプレーオフを制した。今季3勝目で2023年までのシードを獲得。通算17勝目。28歳82日の史上最年少で生涯獲得賞金10億円に達した。