【バンコク共同】サッカー男子のU―23(23歳以下)アジア選手権で1次リーグ敗退に終わった日本の森保一監督は15日のカタール戦後、続投に意欲を示した。自身の去就について「今回の結果に関して私に責任があるが、その責任はチームと選手をさらに成長させること、五輪で結果を出すことで果たしたい」と話した。

 フル代表と兼任する森保監督の処遇について、日本サッカー協会の田嶋幸三会長は「基本的には監督をサポートしていくことが前提にある」との見解を示している。