日本卓球協会は24日、世界選手権団体戦(3月・釜山=韓国)の日本代表を発表し、強化本部が推薦する女子の5番目の選手として、佐藤瞳(ミキハウス)を選んだ。佐藤は世界ランキングが日本勢4番手の17位で、リオデジャネイロ五輪女王の丁寧(中国)から昨年2勝した点などが評価された。

 世界選手権は男女各5人が出場。東京五輪代表3人、全日本選手権優勝者、昨年12月の選考会勝者が選ばれ、重複の場合は強化本部が選ぶ。男子は張本智和、丹羽孝希、水谷隼、宇田幸矢、森薗政崇の5人、女子は伊藤美誠、石川佳純、平野美宇、早田ひなの4人が五輪代表などの条件を満たして既に決まっていた。