バスケットボール女子日本代表が11日、東京五輪予選が行われたベルギーから成田空港に帰国し、ホーバス監督は「全部勝ちたかった。結果が出なかったのは残念だけれど、このメンバーで頑張った」と語った。日本は開催国枠を得ているが、出場を義務付けられて1勝2敗だった。

 主力の宮沢(JX―ENEOS)と高田(デンソー)が故障でプレーできなかったが、世界ランキング4位のカナダに68―70と善戦し、手応えもつかんだ。メダルが期待される五輪へ向け、渡嘉敷(JX―ENEOS)は「悔しいけれど、世界で通用している部分もあるので自信を持ちたい」と前向きに話した。