橋本聖子五輪相は13日、東京五輪・パラリンピックに向けた新型コロナウイルスによる肺炎対策で、政府が競技団体向けの相談窓口を同日付で設置したと明らかにした。スポーツ庁と内閣官房の大会推進本部事務局に計6人の担当者を置く。窓口を通じて、競技団体と関係府省庁が直接やりとりできるよう調整する。

 13日、初開催された政府と競技団体との連絡会議で説明した。情報共有を図るため、政府、日本オリンピック委員会(JOC)、日本パラリンピック委員会(JPC)、東京都、大会組織委員会、関係自治体の担当者からなる総勢30人程度の対策「推進チーム」も同日付で発足した。