フリースタイルスキーの全日本選手権モーグル第1日は15日、秋田県仙北市のたざわ湖スキー場でモーグルが行われ、男子は今季のワールドカップ(W杯)で2勝を挙げている堀島行真が83.24点で、2大会ぶり2度目の優勝を果たした。21歳の村田優太郎が76.88点の2位、杉本幸祐が76.28点で3位だった。

 平昌冬季五輪銅メダルの原大智は競輪挑戦中のため、出場していない。

 女子は、今季からW杯に参戦し、開幕戦で2位に入った15歳の川村あんりが77.54点で初優勝した。2連覇を狙った30歳の星野純子は74.23点の2位、伊原遥香が71.64点の3位で続いた。