2月15日の小倉競馬で落馬し、左鎖骨を骨折した日本中央競馬会(JRA)の藤田菜七子騎手(22)が20日の中山競馬第1レースで復帰した。結果は16頭立ての12着だったが「違和感なく乗れたのは良かった。体力的にも気持ち的にもけがをする前と変わりなかったです」と約1カ月ぶりのレース騎乗に晴れやかな表情だった。

 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、無観客での競馬開催が続いている。初めて体験する雰囲気には「やっぱり競馬はファンあってこそだなとあらためて感じました」と話した。

 藤田はこの日計4レースに騎乗し、12、8、3、7着だった。