日本ボクシング連盟の内田貞信会長は20日、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて東京五輪の開催を1年延期するのが最善との私見を示した。選考や調整で公平性を保つため、中止になった一部予選の実施を望み、五輪までに十分な調整期間を設けるべきだと主張した。

 内田会長は「開催時期をずらしてでも選手にとって一番いい環境で五輪を開催していただきたい」と述べた。個人的意見と強調し、日本オリンピック委員会(JOC)などには伝えていないという。

 ボクシングの欧州予選は打ち切られ、米大陸予選、世界最終予選は取りやめとなった。