楽天の則本昂大投手は当初の開幕予定日だった20日、本拠地の楽天生命パーク宮城での全体練習に参加し「状態をキープしつつ、調整も変えながらやっていけたらいい」と淡々と話した。

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で延期にならなければ本拠地で開幕投手を務めていたはずだった。この日は練習試合もなく、球場のマウンドで軽めの投球をして調整した。

 今季初めて本拠地で試合が行われる21日のオリックスとの練習試合で、救援として2イニングを投げる予定。開幕は4月10日以降に延期されたが、「早い段階で開幕日程が決まればいい。うまく対応していけたら」と意気込んだ。