米国オリンピック・パラリンピック委員会(USOPC)は20日、新型コロナウイルスの感染拡大で開催が危ぶまれている東京五輪に向け、選手団に対して適切な予防策を取りながら準備を継続するべきだとの方針を明らかにした。ロイター通信が報じた。

 選手の安全を最優先とした上で、中止や延期が相次いで混乱する五輪予選の対応を重視した。(共同)