東日本大震災の被災地を「復興の火」として巡回する東京五輪の聖火が22日、岩手県で展示された。三陸鉄道リアス線や、JR釜石線を走る「SL銀河」に載せられ、津波で被災した沿岸部などを巡回。一部の途中駅では一般公開する。23日は大船渡市で展示予定だ。

 三鉄宮古駅前(宮古市)での出発式典では、出席者が震災犠牲者に黙とうをささげた。達増拓也知事が「国内外からの支援への感謝と復興への誓いをこの火に込めて、岩手から送り出す」と宣言、聖火皿に点火した。

 山田町の陸中山田駅では雨の中、有志が大漁旗を振って三鉄列車を歓迎した。