オーストラリア・オリンピック委員会(AOC)は23日、今夏の東京五輪の延期を含めて検討するとの国際オリンピック(IOC)の方針を受け、同国の選手は2021年夏に五輪が開催される前提で準備を進めると発表した。

 AOCは同日午前に理事会を開催し、新型コロナウイルス感染が世界的に拡大する状況では、選手団を結成することは不可能との結論に全会一致でまとまった。「選手たちが、何よりも自身や身近な人たちの健康を優先できるようにするべきだ」と説明した。(共同)