東京五輪・パラリンピック組織委員会の武藤敏郎事務総長は延期する場合、具体的な時期について「これから検討すべき課題」と述べた。