安倍晋三首相は23日の参院予算委員会で、新型コロナウイルスの感染拡大を巡り、国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長に対し、東京五輪開催に関する方針を伝達したいとの意向を示した。「場合によっては私自身の考え方について、バッハ会長に話す機会があればと思っている」と述べた。各国の感染状況に関し「今現在、五輪が開けるかといったら、世界はそんな状態ではないと思う」と述べた。

 同時に「完全な形での実施が困難な場合」については、延期を容認する意向を重ねて表明。延期を含めた措置に関し、早期にバッハ氏と協議したい考えとみられる。