【スコッツデール(米アリゾナ州)共同】米大リーグ、マリナーズの菊池雄星投手が23日、アリゾナ州スコッツデールで練習を再開した。プライベートのジムで動き、近隣の公園でキャッチボールをこなしてから「いつ開幕するかはっきりしていないので追い込みすぎてもいけないし、抜きすぎてもいけない。ある程度いつでも対応できる中で、体を少しいじめる期間をつくる」と当面の見通しを口にした。

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、チームは18日に同州ピオリアにあるキャンプ施設を閉鎖。それまでは少人数で時間を制限した上で汗を流す同僚もいたが、菊池は参加していなかった。