【ジュネーブ共同】国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長は24日、東京五輪・パラリンピックの来年への延期を正式決定した臨時理事会後に電話記者会見を開き「来年の五輪は、新型コロナウイルスによる未曽有の危機を乗り越えた人類にとっての祝祭になる。聖火は希望の象徴として日本に残り、暗いトンネルの出口を照らす光になる」と述べた。

 バッハ会長は、世界保健機関(WHO)が23日にパンデミック(世界的大流行)が加速していると発表したことが、史上初の延期判断につながったと指摘。新たな開催日程は4月中旬に大会組織委員会とIOC調整委員会が協議するとの考えを示した。