遊撃の定位置を狙う阪神の北條史也内野手が、打撃強化へ意欲的にバットを振り込んでいる。30日は兵庫県西宮市の甲子園での自主練習後にオンラインで取材に応じ「もっと野球がうまくなりたいと思いながら練習している」と日焼けした顔を引き締めた。

 再開から2週間が経過した自主練習では「振る量を確保して、フルスイングをしても形が崩れないように」と意識し、連日ロングティーで鍛える。練習時間が限られる中でも「感覚はだいぶ良くなってきている」と手応えを口にする。開幕は不透明だが「先を見ず、やるべきことをしっかり考えてやっていきたい」と前向きに話した。