阪神の選手会長を務める梅野隆太郎捕手が4日、ファンサービスに積極的に取り組む姿勢を示した。オンラインで取材に応じ「できることをやっていけたら。案を出していきたい」と話した。

 この日は甲子園球場で打撃練習などを行った。先行きが不透明で不安感も抱いているというが「野球ができる喜びを味わってやっていけたら。(ファンに)元気な姿を見せて元気づけられれば」と開幕を心待ちにしている。

 岩貞祐太投手はキャンプ中のように走り込みやトレーニングの量を増やしている。