米大リーグ機構が歴代所属選手をもとに全30球団をコンピューター上で競わせたトーナメントの決勝最終日が5日行われ、ヤンキースがレッズを下した。ルース、ディマジオ、ゲーリッグ、ジーターらを擁するワールドシリーズ制覇史上最多27度の名門が決勝第7戦で11―6と打ち勝った。

 最優秀選手(MVP)には大会で最多の15本塁打を放ったルースが選ばれた。(共同)