阪神の谷川昌希投手は、中継ぎでの開幕1軍入りに向け、甲子園球場で行う自主練習で精力的に投げ込む。6日までにオンライン取材に応じ「自分をつくり直し、見つめ直して、隙がない投手を目指してやっていきたい」と強い覚悟を示した。

 福岡・筑陽学園高から東農大、九州三菱自動車を経て入団3年目。1年目は7試合、昨年も4試合の登板にとどまったが、今春はオープン戦3試合で2回1/3を無安打無失点とアピール。「気持ちがボールに乗っていたというのは一番感じた。体の使い方もだいぶ良くなった」と自信を深めた。

 自身の投球映像を見るなど、実戦から遠ざかる期間をプラスにしようと必死だ。