楽天は7日、松井裕樹投手が新型コロナウイルスの対応に当たる医療従事者らを支援するため、マスク4万枚を寄付すると発表した。楽天の本拠地の宮城県へ2万枚、生まれ育った横浜市へ1万枚、神奈川・桐光学園高時代に過ごした川崎市へ1万枚を各自治体を通じて医療機関などに送る。

 松井は「日々懸命に闘う医療従事者の方々への感謝の思いと、何かできないかという思いから寄付をさせていただいた。困っている方々に届けられれば」と球団を通じてコメントした。