ヤクルトの高橋奎二投手が8日、埼玉県戸田市の戸田球場での自主練習に参加し、高津臣吾監督が見守る中で投球を行った。オープン戦期間中に開幕投手候補として名前を挙げられていただけに「狙いたい気持ちはある。そこは思って練習しておきたい」と意欲を示した。

 左腕から繰り出す150キロを超える速球が武器だが、制球難で崩れることも多い。「今は腹筋トレーニングの動画を検索してやっている」と体幹を強化してフォームの安定を図っている。

 京都・龍谷大平安高から2016年にドラフト3位で入団して5年目。昨季は先発を任され、自己最多の4勝を挙げた。