ソフトバンクは10日、工藤公康監督が新型コロナウイルス感染が拡大する中、医療従事者らを支援するため、福岡県看護協会へサージカルマスク2万枚を寄付すると発表した。

 工藤監督は球団を通じ「医療従事者の方々が最前線でウイルスと闘い、私たちの命と生活を守ってくださっていることに感謝しかありません。少しでもお役に立てればうれしい」とコメントした。