楽天のドラフト1位ルーキー小深田大翔内野手が10日、楽天生命パーク宮城で自主練習し、久しぶりに屋外で打撃練習を行った。オンライン取材で「打ち出してから感触が良くなって、気持ち良く打てた」とはにかんだ。

 オープン戦で自慢の俊足を発揮し、遊撃の定位置をつかみつつあった。だが、新型コロナウイルスの感染拡大で公式戦開幕が延期され、チームは3月下旬から活動を休止し、8日に自主練習を開始した。目標の開幕戦先発出場に向け「キャンプ前と同じ気持ちでしっかり頑張っていきたい。今までと変わらず一からのスタートと思って」と、気持ちを新たにした。