【ニューヨーク共同】米プロバスケットボールNBAは、新型コロナウイルスの影響で3月中旬から中断しているシーズンを、7月31日前後から22チームで再開する案を選手会に提示した。AP通信が3日、報じた。中断時点でプレーオフ(PO)圏内につけていた東西のカンファレンス上位各8チームに加え、勝率を基に八村塁が所属する東で9位のウィザーズ、西からは5チームが参加する。

 フロリダ州オーランド近郊の大規模スポーツ施設に集まり、PO進出を争う試合を8試合戦う。POは8月から、決勝は10月になるという。6月4日に開かれるリーグの理事会で、同開催案が可決される見込み。