Jリーグは27日、新型コロナウイルスの影響による中断が明け、7月4日に再開するJ1に先立ってJ2が約4カ月ぶりに始まり、J3は約3カ月半遅れて開幕を迎える。待ち望んだ試合に向け、各チームは26日に最終調整した。

 12季ぶりのJ1復帰を目指すJ2千葉の尹晶煥監督はオンライン取材で「長い期間暗くて先行きが見えなかった。始まるということでドキドキもするし、開幕の時とは違った気持ち」と心境を語った。

 今季は降格がなく12月の最終節まで過密日程となるため、疲労を考慮して交代枠は3人から5人に拡大。当面は無観客で実施され、7月10日以降から段階的に観客を入れる予定。