日本クレー射撃協会は26日、東京都内で理事会を開き、既に東京五輪の代表に決まっていた女子トラップの中山由起枝(日立建機)ら計4人について、五輪の1年延期決定後も代表権を維持することを承認した。