DeNAは2―3の八回2死満塁からオースティンの3点三塁打で逆転した。七回途中から八回まで抑えたパットンが2勝目を挙げ、九回は山崎が抑え3セーブ目。巨人は八回に登板した沢村が2四球でピンチを招き、高木も崩れた。