全日本柔道連盟は2日、オンラインで新型コロナウイルス対策委員会を開き、東京五輪代表で唯一決まっていない男子66キロ級の最終選考会をグランドスラム東京大会(12月11〜13日)とする方針を固めた。29日の常務理事会、その後の理事会での書面決議で正式に決定する。試合会場は国立代々木競技場の予定。

 男子66キロ級は丸山城志郎(ミキハウス)と阿部一二三(パーク24)の新旧世界王者による激しい争いが注目されている。当初は4月の全日本選抜体重別選手権で決着する予定だったが、新型コロナの影響で延期となっていた。