日本野球連盟(JABA)は2日、都市対抗大会(11月22日開幕・東京ドーム)を計画通り開催する方針を発表した。同日の理事会で新型コロナウイルスの影響で変更された大会予選の日程を承認。4日に埼玉などで1次予選が始まる。

 7月の日本選手権、5月の全日本クラブ選手権は中止。JABAの清野智会長は「不確定要素はあるが安全対策をとって都市対抗は何としても開催したい」と述べた。

 試合は7月9日まで無観客。10日以降は原則、観客を入れ、人数の制限は自治体の定めに従う。11月21日開幕のプロ野球日本シリーズに巨人が進出した場合でも、東京ドーム使用は確保されているという。