J1、G大阪の元日本代表MF遠藤保仁(40)が4日、大阪府吹田市のパナソニックスタジアム吹田で行われたC大阪戦に先発出場し、名古屋で活躍した元日本代表GK楢崎正剛を抜き、J1最多出場記録を632試合に更新した。

 遠藤は2月23日の横浜M戦で631試合出場を果たし、楢崎と並んでいた。鹿児島実高から横浜フリューゲルス入りした1998年に開幕戦で初出場を果たして以来、プロ23年目で快挙を達成した。昨年8月にはカップ戦や国際Aマッチを含めた公式戦の通算出場で、日本選手では前人未到の千試合を達成。日本代表でも歴代最多の152試合に出場している。