日本ライフル射撃協会は11日、オンラインで理事会を開き、ライフル3姿勢の東京五輪代表に決まっていた男子の松本崇志(自衛隊)、女子の平田しおり(明大)について、代表権を維持することを決めた。

 五輪の延期に伴って中止した男女計6種目の最終選考会は、実施方法や開催時期を今後決める。当初出場予定だった選手の出場権はキープする。

 五輪代表2人と最終選考会出場者を対象に、実力の持続を確認する記録会を全種目で来年1〜3月をめどに実施する方針も示した。