高知県は13日、プロ野球独立リーグ四国アイランドリーグplusの高知ファイティングドッグスの所属選手の20代男性が新型コロナウイルスに感染したと発表した。県内での感染確認は75人になった。

 県によると、男性は軽症。9日に微熱が生じ、11日には咽頭痛や鼻づまりもあり、12日に検査で陽性が確認された。男性は5日に大阪府に帰省し、同日に飲食店で会食をした知人からも陽性反応が出ている。6日に高知へ戻り、7〜11日に練習に参加していた。

 球団によると、濃厚接触者は監督、選手ら33人で、今後、PCR検査を受ける。また同チームの7月の公式戦は全て中止が決まった。