【ロサンゼルス共同】米プロバスケットボールNBAで八村塁が所属するウィザーズのブルックス監督は13日、オンライン取材に応じ、主力のビールらを欠く中で今月末に再開するシーズンで、八村に得点源の役割を求める考えを示した。「塁には、小さい相手にはゴールに近づいて力強さを武器に上からシュートを決め、大きな相手には機敏さを生かして外角から決めてほしい」と期待を込めた。

 指揮官は八村の今後についても「学ばなければならないこともあるだろうが、うまくやっていけると思う。成長過程で素晴らしい土台を築き、しっかり役割を果たしている。これからも日々成長を続ける」と話した。