橋本聖子五輪相は14日の閣議後会見で、新型コロナウイルスの影響で来夏に延期された東京五輪・パラリンピックで、外国から訪れる選手や大会関係者らを対象にした入国制限緩和を検討する考えを示した。「選手、関係者に寄り添う形の中で、しっかり検討していきたい」と述べた。

 橋本氏は「新型コロナ感染症対策が講じられなければ厳しい状況になると考えている」と話し、十分な感染防止策が緩和の前提になるとの認識を明らかにした。外交・安全保障政策の総合調整を担う国家安全保障局(NSS)経済班を中心に検討を進めるとみられる。