来夏の東京五輪で複数の金メダル獲得が期待される競泳男子の瀬戸大也が3日、スポーツメーカーのイベントにオンラインで参加し、現状について「練習は再開しているが、身が入らず休んでしまう日もある。完全にスイッチが入れられていない」と苦しい胸中を吐露した。

 五輪が予定通り開催されていれば、2日で競泳が終了していた。年明けから好調だっただけに「(五輪を開催していたら)どうなっていたのだろう」と思いを巡らせた。

 自身の夢を聞かれると「オリンピックの金メダル」と答えたものの「今は自分を見失っている。何を考え、何を目指したいか、それすら分かっていない」と正直に明かした。