日本相撲協会が6日、東京の両国国技館で定例理事会を開き、新型コロナ禍の中で外出しての会食が発覚し、大相撲7月場所を途中休場した東前頭5枚目の阿炎(26)らの処分を協議する。阿炎は既に引退届を提出したが、協会は受理していない。

 不要不急の外出を控えるよう定めたガイドラインに抵触する行為で、関係者によると、コンプライアンス委員会が事実関係を調査し処分意見を答申したことが5日、分かった。

 相撲協会によると、阿炎は当初、「夜の店」とされる接待を伴う飲食店で場所前と場所中の2度会食したと説明したが、別の関係者によると、実際はそれより多い頻度で店を訪れていた。