ソフトバンクは6日、通算234セーブを誇るサファテ投手が手術歴のある右股関節の診療、治療を米国で受けるため、7日に一時帰国すると発表した。2年ぶりの1軍復帰を目指す今季は家庭の事情で帰国した後、7月上旬にチームに再合流したが、その後は2軍での登板もなかった。

 工藤監督は「手術をしてもらった先生のところに行って、もう一回見てもらうという話は聞いている」と説明し、診断次第では再手術の可能性もあるとの認識を示した。