【ジュネーブ共同】国際オリンピック委員会(IOC)は20日、ロシア軍参謀本部情報総局(GRU)が東京五輪を標的にサイバー攻撃を仕掛けていたと英政府が発表したことを受け「IOCと大会組織委員会はサイバーセキュリティーを優先分野だと認識し、できる限り最善な環境を整えるために注力している」との談話を発表した。

 五輪をターゲットにしたサイバー攻撃は近年の大会で急増しているが、IOCは「問題の性質上、これらの対策については公表していない」としている。