東京六大学野球リーグ第6週第1日は24日、神宮球場で2試合が行われ、慶大が法大を4―1で破り、6勝1分けのポイント6.5で首位を守った。早大は立大を1―0で下し、5勝2分けで同6。優勝争いは慶大と早大に絞られた。法大は同2.5、立大は同1.5。

 慶大は2―1の九回に瀬戸西の2点三塁打で突き放した。早大はプロ注目の早川が3安打12三振で今季2度目の完封を飾った。