広島が終盤に追い付き、引き分けに持ち込んだ。0―3の七回に会沢の適時二塁打と代打長野の7号2ランで同点とした。ヤクルトは一回に3点を先制したが、二回以降は無得点。金久保が5回無失点と好投したが援護できなかった。