東京五輪・パラリンピック組織委員会は30日、新型コロナウイルス感染症の拡大で来夏に延期された五輪の販売済みチケットについて、希望者を対象とした払い戻しの受け付けを11月10日未明から開始すると発表した。手続きは公式販売サイトで行う。期間は同30日まで。返金は12月下旬以降となる。

 パラリンピックのチケットは、12月1日未明から同21日まで受け付け、来年1月中旬以降に返金される。

 組織委はこれまで公式サイトを通じて、五輪は約448万枚、パラは約97万枚を販売した。販売済みのチケットは引き続き原則有効で、払い戻しは延期で観戦できなくなる人のために実施する。