女子ゴルフの国内四大大会で年内最終戦となるツアー選手権リコー杯の出場選手が25日、宮崎県の宮崎CCで最終調整を行い、史上3人目の3週連続優勝が懸かる20歳の古江彩佳は26日の開幕を前に「特に(記録は)考えていない。楽しんでいたらいいのかな」と自然体を強調した。

 痛みのあった右足裏の状態が上向きの渋野日向子は「今できる全てをしっかり出せるようにしたい」。昨年、この大会で5位となって賞金女王を決めた鈴木愛は「今週あまり稼げなかったら(来年巻き返しても)追い付かないと思うぐらい、大事な試合。優勝しかない」と意気込んだ。